【王位戦1】藤井聡太王位 大逆転、作戦成功もスタミナ切れで敗れた渡辺明九段

7/6(土)7(日)と王位戦 第1局が行われました。千日手の後、指し直し局では、渡辺九段が勝勢から19手詰めで勝てる場面で間違えて、藤井聡太王位の逆転勝ちとなりました。

何が起きたのでしょうか。

【王位戦】藤井聡太 第1局 勝って 1-0 !

渡辺九段の作戦が成功した千日手局

7/6(土)9:00藤井王位の先手で開始
14手後手の渡辺九段が
左美濃調の力戦を仕掛ける
12:3024手牽制の応酬で昼食休憩へ
18:0144手牽制しあったまま封じ手へ
7/7(日)9:0045手目封じ手は▲29飛
51手雁木に組み換えるも
膠着打開できない藤井王位
12:3058手渡辺九段から2筋攻めの誘い
カウンター狙いの作戦
40分以上考えた藤井王位は
指さずに昼食休憩へ
13:3059手昼食休憩明け、
藤井王位は攻めずに▲46歩、
警戒しすぎて
膠着打開のチャンスを逃す
局後インタビュー
「昼食休憩あたりから
消極的な手が続いて、
仕掛けていく機会を
逸してしまった」
60手渡辺九段は先手の歩切れを見て
△21飛で先手攻め筋を全て
潰して千日手狙いに作戦変更
73手藤井王位は膠着打開は無理
と見て千日手受け入れ
15:4480手80手 千日手成立
残り 藤井50分 渡辺2時間10分

振り駒で後手となった渡辺九段は、左美濃調の力戦に誘いました。

膠着気味の局面から、藤井王位に細い攻めを仕掛けさせ、カウンターを狙う作戦だったと思われます。

しかし藤井王位の59手の消極策を見て、藤井王位の攻め筋を全て潰して千日手狙いに作戦変更、その結果千日手となりました。

指し直し局は規定により、
・先後交代
 先手:渡辺九段 後手:藤井王位
・残り時間を引き継ぐも、
 少なくとも1時間となるように
 両者に同じ時間を必要分追加
 少ない藤井王位:50分⇒1時間
 多い渡辺九段:2時間10分⇒2時間20分
・千日手成立から30分後に開始⇒16時14分開始

渡辺九段としては、先手となったうえに、残り時間が2時間20分 vs 1時間のハンデ戦みたいな指し直し局に進めて、作戦大成功だったのでしょう。

しかし最後に落とし穴がありました。
どんでん返しミステリーみたいな。

2日目夜に入ってスタミナ切れ

7/7(日)16:14指し直し局 開始
先手 渡辺九段 2:20
後手 藤井王位 1:00
23手渡辺九段は相掛かりから
77桂の乱戦に誘う
54手速攻で龍を作った渡辺九段
対する藤井王位は△72角
評価値は渡辺九段の55%
55手渡辺九段はスタミナ切れの兆し
▲82龍でなく▲92龍
解説棋士も指摘
渡辺九段は44%に降下
56手しかし藤井王位も
残り10分切って秒読み開始
慌てたか△36歩でなく△64歩
解説棋士も指摘
評価値は50%に戻る
66手残り9分の藤井王位は
△33同銀でなく△33同金
渡辺九段は58%で有利に
74手残り6分の藤井王位は
△36歩でなく△86歩
渡辺九段は74%で優勢に
92手残り3分の藤井王位は
△82歩でなく△36桂
渡辺九段は88%で勝勢に
118手両者1分将棋の中、
渡辺九段の19手詰め勝ちに
119手しかしスタミナ切れで詰めが
読めなくなった渡辺九段、
▲41同龍でなく▲32銀
評価値は渡辺九段の11%
大逆転で藤井王位の勝勢に
21:13136手渡辺九段が投了
藤井王位の大逆転勝ち

指し直し局、渡辺九段の速攻に、残り時間が少ない藤井王位はミスを重ね、渡辺九段は勝勢からあと19手で勝つところまで詰め寄りました。

しかし2日目20時を過ぎてスタミナが切れた渡辺九段(40)には、1分将棋で詰めを読むだけの集中力が残っていなかったようです。

2日続けて、朝9時からずっと集中し続けているのですから、常人を遥かに超えてはいるのですが。

結果、若くてスタミナ十分の藤井王位(21)が大逆転で勝ちました。藤井王位のスタミナをほめるべきでしょうか。

まさに、どんでん返しミステリーのようでした。