【名人戦3】藤井聡太 豊島将之 第3局 展望

5/8(水)9(木)と、名人戦 第3局が行われます。ここまで 2-0 と藤井聡太名人がリードしていますが、豊島将之九段は、ここから挽回するでしょうか。

【名人戦3】藤井聡太 豊島将之 5/8(水) 9時~

2日目夕食後に
豊島九段が勝勢になった第1局

第1局は、2日目 夕食休憩まで互角が続きました。
しかし、夕食後に豊島九段が徐々にリードを広げて勝勢まで行きました。

後手△豊島九段 0:17 0:04 先手▲藤井名人
     121手 12% ▲46玉

しかし、122手目で互角に戻ると、今度は藤井名人がリードを広げて、142手で勝ちました。

後手△豊島九段 0:01 0:03 先手▲藤井名人
     142手 99% ▲41銀

2日目夕食後に
豊島九段が勝勢になった第2局

第2局は、2日目 午前中に藤井名人がリードを握りました。
しかし夕食後、逆転が何度かあった後、豊島九段がリードを広げて勝勢まで行きました。

後手△藤井名人 0:05 0:06 先手▲豊島九段
     116手 86% △72銀

しかし、117手で逆転すると、藤井名人はそのままリードを広げて、126手で勝ちました。

後手△藤井名人 0:02 0:01 先手▲豊島九段
     126手 1% △82玉

では、第3局は?

名人戦 第1局の記事に書きましたが、今回の名人戦では、豊島九段は並々ならぬ決意で臨んでいると思います。

その結果、第1局・第2局ともに、2日目の夜になってから、豊島九段がもう少しで勝つところまで詰め寄りました。

しかし最後は、抜群の終盤力の藤井名人の勝ちとなりました。

終局時の残り時間は、第1局・第2局ともに、豊島九段が1分将棋になったのに対して、藤井名人はほんの少しですが余裕がありました。

豊島九段がもう一押しできたなら、藤井名人も余裕を使い尽くすところまで行ったかもしれません。

名人戦 七番勝負 2024
藤井聡太
名人
豊島将之
九段
第1局
4/10(水)
4/11(木)
横歩取り
封じ手 40手
141手 21時22分
文京区
ホテル
椿山荘
第2局
4/23(火)
4/24(水)
相掛かり
封じ手 39手
126手 21時19分
成田市
成田山
新勝寺
第3局
5/8(水)
5/9(木)
雁木
封じ手 45手
95手 17時43分
大田区
羽田空港
第1
ターミナル
第4局
5/18(土)
5/19(日)
横歩取り
封じ手 39手
95手 20時49分
別府市
割烹旅館
もみや
第5局
5/26(日)
5/27(月)

紋別市
ホテル
オホーツク
パレス
第6局
6/11(火)
6/12(水)

名古屋市
亀岳林
万松寺
第7局
6/25(火)
6/26(水)
再度、振り駒
天童市
天童
ホテル
先手 後手

第3局は藤井名人の先手となります。後手の豊島九段は、第1局同様に、角換わり以外の戦型に誘導することが考えられます。

2度あることは3度あるで、再び豊島九段が勝勢となるでしょうか。

将棋ファンとしては、21時過ぎまで続く熱戦を見させてもらえるのは、大変ありがたいことです。

願わくば、対戦スコアも熱戦となれば、この上なき幸せです。